読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラゴン怒りの点検

ろくでもない世の中に 役に立たないくだらないメッセージ

愛之助と紀香


質問
「歌舞伎役者の片岡愛之助さんと女優の藤原紀香さんが結婚して、金屏風の前で2ショットの記者会見をしてました。よかったですね (^o^)」

解答
「いい質問ですねぇ~ラブりんこと片岡愛之助さんは歌舞伎が好きで、一般の家庭に生まれながら職業養子で片岡家に入って歌舞伎役者になり、ドラマ「半沢直樹」でのオカマ役で一躍注目を集め、歌舞伎以外にCMやドラマやバラエティーに引っ張りだこで心身共にお疲れだったのでしょう。アウトコース高めの見逃せばボール球に見事に引っ掛かりました。追い込まれてカウントも悪く崖っぷちだったんでしょうね。

一方、お相手の藤原紀香さんは女優としてえっ女優? ...活躍され、代表作として...え~代表作は...え~と...CMやドラマやバラエティーの関係者を引っ張りこんで下半身がお疲れだったのでしょう。こちらはインコース高めのタマをのけ反りながらも柔らかい足腰やいろんなところを上手に使って見事に喰らいつきましたねぇ~。

なんでも紀香さんは朝起きて一時間掛けてストレッチをしてその後、一時間掛けて水素水の風呂に入ったり、ジムでトレーニングしたり水素水を点滴したりと美しく見られる為には、馬鹿に見られても構わないといった矛盾したセンスに磨きをかけ、素晴らしいプロポーションの女性なんですねぇ~。

金屏風の前での会見も、少し前のDAIGOさんと北川景子さんの会見のような爽やかさが微塵も無く「やっぱ歌舞伎役者の妻になるなら着物よね」とか「ここは紀香の家庭的なイメージをアピールする為に煮込みハンバーグとでも言っておくか、食ったことないけど」といった打算やあざとさがうっすらと見え隠れしながら...

梨園の関係者に向けて奥ゆかしい夫をたてる妻を演じて」とか「指輪が豪華だからヤッカミを買わないように庶民的にこのセリフは関西弁で」なんて見事な女優の大根っぷりが顕わに...

それでいて二人共々「あの事は聞くなよ、こっちも無理してあんたらマスコミの為に記者会見してんだから。あの事には絶対触れるなよ!」といった無言の圧力に固まってぎこちないレポーターの笑顔の漂う大人の記者会見で、素晴らしかったですねぇ~永遠に共にお幸せに。」