読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラゴン怒りの点検

ろくでもない世の中に 役に立たないくだらないメッセージ

チャリティー番組


欽ちゃんが莫大なギャラを受け取りながら、全国のちびっこのおこずかいをむしり取るっていう大変心暖まるチャリティー番組を姿形を変えながら未だに何十年も続けているのは素晴らしいことですよね。

日本テレビ24時間テレビ「愛..車はベンツのCクラス、次にプチブレイクしそうなタレントを走らせろ!」でしたっけ? タレントが24時間ダラダラ走ってるだけで、全国から馬鹿みたいに大量のファックスが送られ、ゴールすると途中で抜け出して馬券買ってた司会者が突然涙を流す素敵なチャリティー番組ですよね。

「あのファックスの紙って無駄使いだよな」とか「何故、あのタレントがマラソンランナーなのか?」なんて考えてはいけません、善意のチャリティー番組ですから。

近ごろでは障がいのある人達に無茶な事やらすだけでは視聴率が取れなくなったからって、意味なく歌ったり踊ったりしているんじゃありません、善意のチャリティー番組ですから。

最近テレビで見なくなった人や、よく見るけど名前まではちょっと? っていう人達が、カラオケを楽しんでいる姿は素敵ですよね、善意のチャリティー番組ですから。

BGMには定番のサライに、爆風スランプのランナー、ゴール前には必ずZARDの負けないでの大合唱 ! 印税もがっぽりなんて考えてはいけません、善意のチャリティー番組ですから。

放送時間終了前に余裕でゴールされるとやることが無くて困りますし、かといって放送時間内ギリギリにゴールさせるとヤラセっぽくなるので、最近ではわざと放送終了にまにあわせないで次の番組まで引っ張るって、そんな事はありません、善意のチャリティー番組ですから。

そもそも、何故チャリティー番組なのにマラソンなのか?明確な理由は分かりませんが、走ってるタレントさんには明確な理由とギャラと多数の番組出演が用意されてるなんて考えてはいけません、善意のチャリティー番組ですから。

昔、素晴らしい番組があったんだよね。当時人気絶頂のお笑いコンビが女性タレントと野球拳をするんだけど、負けた女性タレントがその場で脱いだ服や下着を興奮した素人相手に競り売りして売ったお金は交通事故で親を亡くした孤児に寄付するっていうね...(たしか日テレ)

勿論、PTAやら教育委員会なんかの抗議が殺到してね、チャリティーの本質が理解されずに高視聴率だったんだけど終了してしまったんだよなぁ...その後、そのお笑いコンビはそれぞれピンで活躍するようになって超売れっ子になった (↑最初に戻る)